薬局の仕事では何が身に付くの?

薬剤師パート → 薬局の仕事で薬剤師パートが身に付けられるスキルとは

薬局の仕事で薬剤師パートが身に付けられるスキルとは

薬剤師が多く活躍している職場として多いのが調剤薬局です。病院などの隣にある事が多く、患者さんに薬を調合して提供するという役割を持っています。薬剤師の特有のスキルをしっかり学べる職場でもありますが、薬局で身に付けられるスキルを紹介します。まずは薬剤師の基本とも言える調剤のスキルです。医師が出した処方箋に従って医薬品を調合し患者さんに渡せる状態にするスキルの事です。薬局で働く薬剤師はまずはこのスキルが必須と言えます。
パート薬剤師の立場とは?

逆に言えば、このスキルを身に付けていると、どの職場に行っても、最初からある程度仕事ができると言えます。薬剤師は転職する方が多い業界でもありますが、他の職場でもスキルが生かしやすいというのは理由の一つとしてあります。医療技術というのは日々進歩しているため、日々の医薬品についての勉強というのは継続して行っていく必要はありますが、基本的な調剤のスキルという部分では、一定の年数を経れば身に付ける事ができます。

もうひとつがコミュニケーションスキルです。薬局は様々な方が来院します。若い方もいますが、高齢者の患者さんも多くいます。そういった方は優しく接すると、それが安心や嬉しさにもつながり、頼りにされる事も多いです。こうした患者さんと接する事で、コミュニケーションスキルを学んでいく事ができます。ただ単に話すというだけでなく、患者さんの気持ちをくみ取り、それに合わせた配慮ができるようになるというのがポイントです。

そのため、薬剤師としてパートやアルバイトで仕事をしたい場合は転職サイトに登録して、その時に担当してくれるアドバイザーの方にこうした意向を伝えるのが最も近道と言えます。そうすると非公開求人のパートやアルバイトの求人を紹介してもらえるため、その中から検討する事ができます。非公開求人は限定性の高い求人ですが、非公開になっているのには様々な理由があり、薬剤師のパートやアルバイトも以上のような人気の高さが理由になっています。

薬剤師の新卒の月給は?

薬剤師はその専門性の高さから、収入の水準は一般職よりも高めに設定されています。薬剤師手当という資格手当が数万円付くため、高めになるというのが大きいですが、それ以外でも基本給が高いなどの理由が高くなっている理由です。これから薬剤師として働き始める方は薬剤師の初任給がどれくらいなのか気になる方もいると思います。初任給は全国平均の月給で、23万円ほどとなっています。これに加えてボーナスもあるので、年収としてはやはり高めです。

これはもちろん職場によっても違うため、一概には言えませんが、経験の浅い方がこれだけの給料を貰えるという職種は実はあまり多くありません。ピンとこないかもしれませんが、これは高いレベルです。また、ここから今後の収入の伸びについても、現状、薬剤師の収入は確実に伸びていくという事が言われています。35歳薬剤師では35万円ほどとなっており、薬局長と言われる立場の方だと50歳で50万円ほどとなっています。

最初から水準が高く、その後の給料の伸びについての指摘がよくされる薬剤師ですが、この収入の額面を見る限り、悪くない数字と言えます。そのため、長く働いても、安心して働いていける職種と言えるでしょう。また、転職をするとどうかと言うと、こちらも収入をアップさせる方は多いです。転職でキャリアアップをできる方は一般職だと実はあまり多くなく、現状維持という方が多いですが、薬剤師は売り手市場になっているため、収入が上がる方は多いです。

落ち着いて働ける職場なら、そのまま頑張って収入を伸ばしていくのも良いですし、転職したいと思ったら、転職して新しい職場で働き始めても、収入アップに繋げる事ができるのです。最近の景気はとても良いとは言えず、転職でも苦労する方が多い中、薬剤師はとても恵まれていると言えます。ただ、これから新卒で働く方はまずは一旦落ち着いて自分のスキルを高める事に集中し、それから転職を考えるようにした方がお勧めです。